スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~む。ジェームス三木

ぐっとくるね。この人の脚本は。 昭和で、いい意味ベタで。
人間関係が、きちんと深いんです。



最近、テレビをなんとなくつけているのですが、どうしてもバラエティがうるさすぎて、ついついNHKをみてしまうワタクシ。

NHKは、やっぱいいよ~。面白いよ~。



で、思わず、観てしまったコレ「海峡」

骨太で、エンターテイナーだねー。ジェームス三木は。やっぱり。


純娯楽文学だな~。この人の脚本は。
純愛さ~。も~。

はまってしまった。ほろりときてしまった。



「澪つくし」もみてたしね。「独眼竜政宗」に至っては、廻りが、光GENJIだの少年隊だのいってるなか、中学生の私は、渡辺謙のファンだったしぃ。



ジェームスさんと言えば、
変わったことが大好きで、舞台によくリアル感をだしたいってんで、リアルに動物を出したがり、エロ大好きってんで、裸をだしたがり、

そんなジェームスさんの本と演出意向で、ワタクシ、脱ぎ要員として
「里見浩太朗特別公演」@梅コマ
「中村美律子特別公演」@御園座
に、トップレス出演した経験あり。

だいたい、オープニングか、幕間明けに1分くらいでると、じじばばがどよめくどよめく。

インパクトの遊び心が楽しい演出でしたね。


必ず、ご子息の山下規介さんがご出演なさってますが、これまた好青年な、マジメないい人。

ひと月、脇役で色々、その他大勢になる楽しい経験をいたしました。


そのとき、知り合った元宝塚の人々が、まだメジャーでなかった「マツケンサンバ」のことを教えてくれまして。

「着物がスパンなのよ!着物でサンバなのよ!」と嘆いておられたのが、思い出されます。
その後、売れた後もバックダンサーとして、お姿おみかけし、

ま、なんつか、宝塚といえど、悲喜こもごもな世の深さを見た次第。






ジェームス三木の話から、とんじゃった。





NHK、バイトもしてたしな~。とにかくゆかりの深いテレビ局でありますよ。



つまりはNHKは、ステキだって話。


「海峡」明日もみなきゃ。
久しぶりにドラマが楽しみって気になったわ。
一週間またなくていいのも素晴らしい。
ドラマで泣くって、なんかいいな~。平和だ。
明日。明日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。