スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻布十番で会いましょう。

行ってきました。


NEC_1153.jpg




椿会の運営ミーティングをかねまして。
ってか、ミーティングの会場を強引にこちらにしたのでした。


まずは、宴会場にて、定番のメニューを。

NEC_1152.jpg

NEC_1151.jpg


懐かしくうまい。なんだろね。この感じは。
ちなみにカレーは、よくみたら、カレー●日でした。
でもいいの。それで。




本当に終わるそうで。
さすがに話題が話題を呼んで。この日は混雑。


おばちゃんと色々話すも、
なんつか寂しいとか残念とかそういう感じじゃなくて、

「辞めるっつったら、こんな話題になっちゃって、なんなのさ~。それだったら、もういつもにぎわっといておくれよ。」

位のノリ。

銭湯の営業って、そら大変さ~。体力仕事だものね。
おばちゃんたちも相当お疲れでした。

電話がひっきりなしで、おじさんもおばさんも困惑。
取材もお断り。
とにかくもう終わるっつたら、終わるんだよ!
といったところ。




長くある。絶対に普遍的である。というものって、
維持していくことに、良くも悪くも努力が必要で。惰性も必要で。つまり日常である必要があって。

今日と明日のことをコツコツとやっているうちに、来年のことを考えるには、あまりに年をとって、疲れてしまったということなんでしょうか。



麻布十番温泉は、私たちにとっては、特別な思い入れのあるところだったのかもしれないけど、
当事者が老舗ですごいって思ってるかどうかってのは、また別な話で。

歴史的に残るかどうかってのは、そこに当事者の色んな思いが必要なわけで。

変わらないものは、ないわけで。。

でも私たちは、変わらない、無くならないと思ってるわけで、当事者にはずっと考えてたことも、私たちには、突然の驚きに見えるわけで。



残念な気もするが、おばちゃんたちは、もう疲れたんだね。休んどくれよ。
という気持ちになりました。



この頑張ってない感じが、結構好きだったからな~。
しょうがなくないけど、しょうがないわ。
そんな感じです。




あの宴会場は、
日曜は、今週、来週と下町の玉三郎が演芸をしているそうで、
土曜だったら、勝手になんかやっても、カラオケ歌いたい人とかもいるから、譲りあって、ステージ使ってくれたら、いいわよ。でも勝手にやってね。だそうです。
「われ関せず」って、非常にアバウトで、合理的なステージの解決法である(笑)


なんて、言われるもんだから、来週なんかやりにいこいうかと考えてみたけど、
実際問題、翌日ショウだし、リハ日程も組めないから、やめました。


s-10342451_1285351253.jpg
いいステージなのである。



麻布十番は、下町なんだよね。なんだかんだいってさ。



売るのかな~。取り壊しかな~。
老朽問題って、耐震問題なのかな~。

宴会場はそのままでなんとかしてくんないかな~。




こうやって、なんでもかんでも新しくしたところで、何が残るのだろうか。









というわけで、温泉でとりました。



NEC_1158.jpg
狭いんですよ。実際。
家族風呂ですよ。実際。


東京のお湯は、黒い!
これも初めて行ったときは衝撃でした。
でも肌つるつるよ。まじで。


「越の湯」は、同じ湯で銭湯値段。
お湯だけだと、お得感は、断然越の湯です。
宴会場もついた高揚感を楽しみたかったら、温泉にいけっつことですよ。



NEC_1157.jpg
この英語張り紙がぐっときたんだよね。昔。。



NEC_1155.jpg

NEC_1156.jpg
効能はこのような按配で。





NEC_1154.jpg
いちおサービスショット。




で、温泉の後は、下町居酒屋で。。




NEC_1150.jpg
と、本日偶然にも全く同じコースをたどっていたheavenカップルと合流しつつ。。








ありがとう。そして、お疲れ様。
麻布十番温泉。
忘れないことが、私たちに唯一できること。








応援よろしくお願い致します。
毎度毎度のぽちっとな。(もう旬ネタ)


は!!!かーなりダウンしてる!応援よろしく~~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。