スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごはんって大事だ。

ときに、パリから、王子がご帰還されております。メイドを連れて。

ロマネスク夫妻、突然の帰国コール。
帰ってきてたのは知ってたけど、なんやかんやと忙しく中々江戸には着てくださらんかったのじゃぁ。


画像 1095

相変わらず素晴らしすぎです。


画像 1096

もちろん場所は、G街「soiree」にて。すっかりG街のママの貫禄まきちゃんと野生児マヤ




や~~。ロマの2人といると、だらっと波長があって楽しいので、腹抱えて笑いっぱなし。


会えて嬉しかったです。
9日には、江戸を離れるそうですが、
日仏と世界をまたにかける活動はこちらでみれるのでご注目。

ロマネスクHP





今朝方、お使いで、伊勢丹にお弁当を買いに行きましたが、なんとも行ったらちょうど開店で、ドアがバーンと開いて、店内を歩くと、従業員さんが行く先々で、ドミノみたいにお辞儀をしてくださり。。

なんとも大名ってこんな気持ちだったのね的感動体験。

ひゃ~~。えらい人みて~~。ひゃ~~。


お客様にお出しするために奮発したお弁当おすそ分けでいただけました。

えへ。京都のモリタ屋さんのすき焼き弁当だぜ。
おいしゅうございました。

画像 1097

画像 1098







昼は、慈恵医大にお友達のお見舞い。


慈恵って、すごいのね。
入院病棟が高層マンション並の高さです。
お友達は14階でした。個室からの景色は東京タワーとレインボーブリッジですがな。

それにしても、慈恵医大は、とても清潔か隅々まできちんとしている病院で。
あの病院独特の閉鎖的な空気が感じられず、とても快適でした。
ああ。ここだったら、病気も早く治せる気になるかも。
友人がここに入院できたことに感謝。



しかし、それは病院なので、基本病気であるという空気。病気を治すぞという空気には変わりなく。

結局、友人が思いのほか元気だったので、ついつい長居をしてしまい、夕食時までいたのだけれど(大丈夫だったかなぁ)。


夕食が病棟に運ばれて、
食事の匂いが、フロアに香ると、ふっと病棟の空気が緩むんだよね。
小さなエネルギーへの喜びの気になるの。


ああ。って思いました。


ああ。食事ってのは、本当に生きる糧で、命をつくるもので、大事だよなぁと思いました。



私も病院を離れ、しっかり食べなきゃ。と思って、こえれまた近くで働いてる某Drに電話したところ。近所の鰻屋さんにつれてってもらいました。

命をかみ締めて、エネルギー頂きました。


身体の中が生きる気に溢れるのがわかる。


あらためて、「いただきます」と「ごちそうさま」なのでした。

身体に命を入れて、そして命を作る。生きていくという大事な行為ですね。







そこの鰻屋さん。かなりおいしく。
骨を揚げた通称カルシウムがひじょーにおいしかったから、今度友人にもっていこうっと。





乙女に応援よろしくお願い致します。
毎度毎度のぽちっとな。(もう旬ネタ)


は!!!かーなりダウンしてる!応援よろしく~~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。