スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年をおもう。

毎年毎年この一年が一番しんどかったと言ってますが、
今年は始まりから軽くK点超えな人生最大のしんどさだったと思います。

本当に。
本当に。。
本当に。。。

よくやったと思う。私。

自分で自分をほめてあげたいよね。有森さん!!



お正月以来、3日間の休みって、なかったです。
2連休が数えること3回、、、、。
手帳をチェックしながら、この過去の日々にくら~っとしてきました。


今年は、なんとなく月ごとにふりかえってみたいと思います。

1月
割とおだやかな始まりではありました。
パーティのお料理の仕事がまだこなせていた。

色々なことの準備打ち合わせに追われる日々。


2月
一番スケジュール的に黒くない。
黒蜥蜴チームとハトヤに北岡さんのショウを観にいく温泉打ち上げ。
女ばかりの温泉は、なんであんなにくだらない楽しさなんだろう。
が、翌日その足でレッスンに行くという勤勉ぶり。

3月
地震で、実はあまり覚えていない。
チリチリした空気感は、いまも覚えている。
余震におびえる日々。若干のノイローゼな日々。
引越しを決意。

そして、猫の病気発覚。
元気と思ってた方が重病で、自分のふがいなさに1日泣きました。
あ。今は薬と通院で改善してます。元気です。

とにかく辛かった。

地震で延期されてたfumikaのPV撮影が月末に。
ほぼほぼ24時間な撮影に黄色い朝の太陽をみた。


4月
激動の日々の始まり。
新しいレッスンが一気にふえ、過密スケジュールがここから始まる。
土曜4レッスン。辛かったです。
走って移動。走って移動。ロスタイムなし。
井の頭線構内にある「岡本太郎」の壁画にエネルギーをもらっていた。

5月
ゴールデンウィークってなんですか?
レッスン三昧に加え、ピルビスの資格取得。打ち合わせ各種。DOE稽古。
超過密。

そして、そんなさなかの引越し。
荷造りが終わる気がしなかった。。。。。晴れて鎌倉入り。嬉しかった。

6月
人間なれる生き物ですね。
過密スケジュールになんだか慣れてきた。
ここにきて、ようやく丸1日鎌倉湘南エリアに居れたということに感動。
夕日や海が綺麗で、しみじみきてよかったと思った。
ゴッドハンド、ボディトレーナー中村氏と湘南で出会い、このエリアへの強い引力を感じる。

ラストワルツのイベント始動。

7月
なんといっても、サンフランシスコ。DOE稽古。
そして、クリフサイドの発表会。。。
発表会直前の佳境なさなかのサンフランシスコ行き。
このスケジュール組み。。。アホか自分。よくこなしたなぁ。

落ち着いたと思ったら、ジョー山中さんが逝く。辛かった。

8月
材木座の海水浴でブラジル水着。実行しました。
初サーフィン。
夏が初めて好きと思えた。鎌倉の夏。

9月
レッスンをこなしてこなして逝く日々。
身体が徐々に悲鳴をあげつつありました。スケジュールは分刻み。
そして、事務所SOUPが広尾に引越し。

10月
あまりのしんどさに心が折れる音を聞きました。
もうしんどいよ。。。とつぶやいたとき、
ポキッという音がしました。

その瞬間から身体が音をたてて崩れだす。

体力の限界は、気力でもってたのですね。
過労で倒れる。

熱にうなされたとき、見た夢。
死んだ爺さんに会う。「おりょ。もう帰るとか?」と久しぶりに声をきく。
あの夢。死んだ人ばっかりだったなぁ。なんだったんだろう。あれ。


11月
休みは決意して作らないと作れないんだと。
そうして休みをつくったものの、やっぱり仕事を入れてしまう日々。
夢の3連休は所詮はかない夢でした。
振付参加した大日本マクベス面白かった。久しぶりに受け手としてライブを堪能。

12月
ずーっと師走みたいな日々だったから、案外師走な血走った感じはなかったけど、もう身体的には、1年走り続けて、もうもたないです的な日々。
いまだ終わる気せず。





と、まあ。とにかく忙しかったわけです。
ひさびさに激ヤセしました。あはは。

でも、終わった後の私の身体はいろんな意味でタフでしなやかに変化していったし、
38歳という自分の身体のまた別の意味での可能性を見た気がしました。


ある意味身体とガチで向き合った1年といっていいかもしれない。


バーレスクに関して、踊りに関して、TAMAYOに関して。
数年前から、準備してきたことが、今年ようやく前進していき、とりあえず第1章が終了したような今年。
新しいことを創めるには、時間をかけて、確実にそして、とにかく突き進むしかないわけで。

とにかく。とにかく。今をきちんとこなしていけば、きっと何か見えるに違いない。

そんな思いで日々をすごしてました。
正直、しんどかったです。
体力的にも精神的にも辛くて。
歯を食いしばって、それでも前へと奮い立たせてやってきた1年でした。


でもこうして終えてみると。
今、とても穏やかで。

しんどいながらも、常にかかわってくれた人たちのエネルギーに支えられていて。
しんどいことを乗り越えたからこそ、差し伸べられる手があって。

人は根本孤独な生き物ですが、それでもひとりで生きてるわけではないのでだなと思いました。

神様はみているなと思うわけです。


そして、
辛かったときに見上げたらいつも綺麗で、私を和ましてくれた月と星空。
入るとなんだかいろんなものを洗い流してくれた海の懐。
静かに語らず、癒して気を満たしてくれる山々。

鎌倉の気候に感謝。

自分がこういう暮らしをするなんて想像しなかったけど。
今の私に、一番必要なことでした。

あのまま東京にいたら、ちょっと精神的に病んでた思う。
呼ばれた気がするな。この土地に。







そして、そして、何より、今年は3月の震災。


やはりあの出来事から、世界は違う世紀に入った気がするし、
自分の中でも、物事の考え方やあり方に変化があったし。

被災地の皆さんと比べれば微々だるものだったけど、私も東京も充分震災の当事者であって。
あのときのあの感覚は未だ心から離れないし。
まだ、津波映像はこわかった数日を思い出してみれないし。

自分の中で、うまくまとまらない、まだ終わってない事象なわけで。



なんというか、個人という中でも激動であったけれど。
自分をとりまく環境が激動していて、その渦の中に飲み込まれて。

うまくこの状況は語れないのですが、
今在るすべてのことは、普遍ではないということを強く意識しはじめた。
そんな今です。



個人、世界、双方の激動の中で、常に頭に浮かんだのは。





「それでも、生きていくしかない。」








これに尽きたような気がします。



来年はどういう年になるのだろう。
例年。1年が終わって、新しく仕切りなおる感じがあるけれど。
今年は、継続の気持ちの方が強く。


2011年は、終わるけど、それはまるで新しい世紀の1幕が終わったにすぎないような気がします。


そういう意味では、今年は気持ちがうまくまとまらないな。。。。。




2012年の年賀状を書きながら、
「おめでとう」はなんとなく言えませんでした。


明けない夜はないように、
また始まり。そして、続いてく。


2011年。


関わってくださった。全てに皆さんに。
今あるこの時に。



感謝します。
ありがとうございました。




続いていこう。
明日がまたくることを見届けるために。
気持ちの整理はつかなくていい、忘れないし、忘れられないし。
終わらないし。終わらせない。

でも続いていこう。





そんな明日を。またはじめましょう。














「はじめる」という言葉の美しさに今。感動した。
長々と書きました。読んでくれて、どうもありがとう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。