スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備は整った!始動していきます!!

私が愛したショウビズの世界。


グランドキャバレーや浅草ロック座。
特にグランドキャバレーでのショウは、いわゆる日本でいうところのバーレスクショウになるのですが、

私の時代が、最後の隆盛でした。
すばらしきお店がどんどん閉鎖され、ショウダンサーとして生きていくには、本当に難しくなってきた最近。


ショウで生きていきたい!どうすればいいんですか?

と、目を輝かせて質問してくる子たちに、
ショウをやれるところがないという現実をどう伝えていいものか。

クラブイベントだけでは、絶対に食べていけない。所詮は遊び・趣味の範疇のショウにしかすぎない。



だから、レッスンを広めていくことの力を注いだのです。
ジャンルとして、世間一般に認識が広まれば、もっともっと知られるとことなれば、きっと業界は復活する。


私が愛した現場を、昔話にしてはいけない。

いち踊り子として。
このジャンルと心中をきめたものとして。


ショウをやりたい乙女たちの為に上質で野生な環境を創ることが、私が愛した現場への親孝行と思ってる。

夢のある現場環境を整えてあげなければ。
そして、夢のあるショウガールを育成しなければ。


芸は、見て盗むもの。
これは変わらず基本である。

でも、その見方を盗み方すら知らないのはどうだろう。

裸に対するいろんな方面からのリスキーさ。
そして、裸に慣れるリスキーさ。
露出したことのない人間には分からないことなのかもしれない。

そして、ステージの立ち方。
プロの現場がないところでは、やっぱり分からないのかも。


そういうのちゃんと教なきゃ。
昔は、私の周りに沢山いた、愛すべき、きちんと怒ってくれたおせっかい姐さんのように。
私、嫌われてもいいわ。あとで「一理ある」と思ってくれたら。



というわけで、
ここ最近、色々動いていたのです。目を血走らせながら。




レッスンとショウの連動。できました!
私もレギュラーでショウをしていきます。
そんなハコができましたよ!

そして、プロ養成やります。
そこから、ショウダンサーが生まれていく流れ。作ったよ。


まずは、レッスン。
六本木の「NATUREBODY HOUSE」で、いろんなクラスを新設しました。


バーレスクにあこがれる。きれいになりたい。
ちょっとやってみたい。って子にも。
本気でショウやりたいって子にも。どちらにも対応。

とくに本気でショウやりたい子に。
改めて、本気だったら、身体から作っていって。
というプロセスで。

足上がらなくてもイイとか。踊れなくてもいいとか言うのはね。踊れる人間が言う台詞なのよ。

そのあいまいさ解消しましょう。

そうして、踊らなくても充分魅せられる踊り子になろう。




そんでもって、ショウスペース。

新たに渋谷に「ラストワルツ」というハコができます。
金・土曜必ずバーレスクショウが観れます。
ショウの監修に私が入ります。


毎週金曜は、私のショウが観れます。
そして、生まれてくるショウダンサーもここで。



6月10日のレセプションよりショウタイムスタートよ!




詳細は、もうすぐどーんとお伝えできます!
まて次号。





なんというかご報告と決意表明まで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。