スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか、むしろ。ありがとうございました。

昨日の宮崎支援チャリティバザーご来場ありがとうございました。


宮崎出身の寺本りえ子さんが、音頭をとって、開催されたバザー。



出品できる代物なぞない私は、労働力として参加。


NEC_0078.jpg



実は、口蹄疫のことは、そこまで詳しくはない。

でも、大変なことがおきて、国の政策に翻弄されたということ。
そして、事態は終結宣言を迎えながらも、
むしろ、これからの方が大変だということ。

そのぐらいのことはわかる。


なんでもいいから、少しでも役に立てたらいいんじゃなかろうかと挑んでみました。
偽善だと思われてもいい。偽善を批判ぶって、何もしないやつよりましだと思う。



口コミながらも、当日は、open前に18人も並ぶ盛況ぶり。

りえ子さんの友人な皆様ですから、スタイリストやらDJやら、とにもかくにも、お洒落な人々が出品してるもので、とにかくモノいい!!

野宮さんはお手製だったし。
ケイタマルヤマさんは、ご自身のブランドはもちろん、紙袋とかまで提供してくれちゃうし、今井美樹さんの服は、立ちくらみがするようないいものばっかりだったし。

これ、その辺の古着屋よりも、すごい。。。
しかも洋服だけじゃなくて、お皿やら、アクセやら、本やら、おもちゃやらバリエーション豊かに揃ってまして。


NEC_0079.jpg



しかしながら、売れなきゃ意味がないじゃん。
ってことで、値段がべらぼうに安い!

スタイリストさんたちが、ポンポンと値をさげていくんですよ。

普段10万位平気でしちゃうような服が、たったの1000円だったり、500円だったり、もうなんですの。それ。な値段設定だったのです。
(miumiuのスパンコールのヒール(ほぼ新品)が5000円だった。。。ありえない)

これはうれしくないわけがない。





そして、これまたタイムリーなことに冷房が壊れるアクシデントがあり、人で溢れる会場は、ヒートアップ。汗だくです。


でもなんだか、お客様には暑苦しくてご迷惑だったけど、このアクシデントが、なんともいいエッセンスになって(?)、室内なのに外でやってるような熱気に、スタッフは、なんだか盛り上がってしまって、テンションあがって、軽くフェス気分。


ゆる~い感じの雰囲気でやらせていただきましたが、
お客様も楽しそうにお買い物していただき、うれしかった。

お会計の横の募金箱にもおつりを入れてくださるお客様のいたりして、ありがたい限り。


粋な出来事としては、

写真家の半沢克夫氏が、いきなりストーンズのキースのポートレイト(オリジナルプリント)をもってきてくださり、
「これ。売っていいよ。5~30万位で。売りなよ。」

なんて、か~るくおっしゃってくださって。。。


つか。世界に一枚ですよ。 そんな値段じゃすみませんよ。本来!
もう写真がすごすぎて、鳥肌だよ!


NEC_0077.jpg



と思っていたら、これまたそれをパリッと粋に買っていかれた紳士がおり。


ああ。
こういう大人たちのようにならねばと、しみじみ感動したのでありました。




溢れかえっていた衣類もほぼ3分の2位はけ、ラスト1時間は、なんとさらに半額。ありえん。


お手伝いしながら、自分もお買物。
とはいえ、袋いっぱいたくさん買っても、1万円以下っていう格安さに、もうご満悦。


自分もご満悦になって、このお金が少しは役に立つなんて、

幸せだ。幸せの連鎖だ。素敵。



チャリティバザー。すてきでした。




のべ3~400人位のご来場があり、売り上げは、なんと80万以上。


個人の口コミ企画なのに、凄すぎました。


あっという間に終わって、片付けて。
もしかしたら、気づかないところで、いろんな不備があったかもしれないけれど、
会場は、なんだかほんわかと愛情深い空間で、みんな沢山お買物してくれて、、、。

なんとも気持ちのよい達成感に包まれた、いい時間を過ごさせてもらいました。



きてくださった皆さん本当にありがとうございました。



何よりも、やはり発起人の寺本りえ子さんの人柄で、沢山の人が沢山のものを提供してくださったから、こんな素敵なバザーになったのだけれど。



人が人を呼んで、人につながる。



愛だね。愛。

いい。エネルギーいただきました。



寺本さん参加させてもらって、ありがとうございました。



ホントいろんなことに「ありがとう」だね。
24時間テレビ(これはこれですばらしいが)よりも熱かったと思います(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。