スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitter的雑記。

「Twitterって、なんね?」

と、メイルが親からきそうなので、先に説明しておきますが、
ま、なんつか、日々の色んな人の呟きが、読めるサイトっていうんですか。もちろん自分もつぶやく。

こういった日記やブログも日々のつぶやきみたいなもんですが、
かのオノヨーコ女史が「Twitterは現代の短歌。散文ね。」と語ったとおり、文字数が140字に制限されていて、
ブログと違って、短いひと言しか言えないわけ。

で、さらにブログとの違いは、(もはや完璧に公的電波を通じて親にのみ説明)
私の日記をみたかったら、私のサイトを開いて、他の人の日記をみたかったら、また別のサイトを開いてとしなければいけないところを、
Twitterだと、読みたい人を探して登録しておけば(フォローといいます)、その人のつぶやきが、Twitterを開くだけで、勝手に色々と入ってきちゃう。。。みたいな。
色んな人の独り言が、分刻みで集まっているサイトです。つまりは。


きっと。今、美智子ちゃん(お母様)がパソコンの前で、きょとーんとしてそうですが。
多分やらないから。いいわ。やられても困るけど。やる?ママちゃん?やってみちゃう?



で、最近、面白くて、私も読んだりつぶやいたりしているのですが、

そこに集まってくる情報の面白さといったら、ない。
その瞬間のリアルタイムな視点でのひと言だから、ライブ感があって面白いなぁ。

で、こないだの坂本龍一氏のつぶやきで紹介していたコレ!!

すごい!!やっぱり反響もすごいらしいです。



ちなみに今日の私のつぶやき的には、

朝早くに、わざわざ入れなおしたウィルスソフトのおかげでパソコンが尋常なく重くなってしまい、途方にくれているのだが。

ときに、誰もが気になってるあのCM。
毎月創刊されて、気にはなってるんだけど、わざわざ調べたり、集めたりしたくはないなという心理に見事フィットした、出来事やアイテムに着眼し、1年クールで月刊。さらには、割と買えちゃう手ごろな値段580円。

なディエゴスティーニ。

今年は、かの戦国ブームにのっかって、戦国武将データファイルです。


201005251633000.jpg


今日本屋のレジ横にありまして。。。
ふら~~っと手にとってしまったよ。

だって、創刊号は290円で、しかも専用バインダーもついてくるのよっ!!



CMと本屋がリンクした戦略に、まんまとはまっております。とくに歴女ってわけでもないのに。

次号は、きっと買わないはずです。
でもそんな人が沢山いるから、創刊号は倍売れるはずで、半額なんだろうなぁ。
何もかも計算ずく。

そういやあ。昔お知り合いが編集してて興味を持ったので「日本の美をめぐる」を買ってました。
付録は、色見本。まだとってます。

が、毎月創刊集めるの結構大変だったのよね。ちょっと興味があるってのは、意外と制覇は難しい。。。
勉強には役立つかもね。



201005251633001.jpg
さっそく枕にされるの図。



今日みたいな夏日の夕暮れ時。
必ず恋しくなるのが、近所の商店街にある肉屋のコロッケ。

きっと肉のもろもろなエリアは息子に託したお爺さんな大将が揚げてくれます。


201005251605000.jpg


揚げたてのコロッケとハムカツでビール。

もう最高のごちそう。お値段500円以下。

今日は、仕事が早く終わったので、行ってしまった。ついついやってしまった。
揚げたてを食べたいがために思わず走ったす。

家に帰って、窓を開け放ち、ベランダの花をみながら、風に吹かれて、ビール。

ああ。シアワセをありがとう。



そうそう。こないだの週末。
急な呼び出しで、2丁目まで出ました。

我が事務所SOUPのボス山本ディレクターの呼び出しとくれば、行かないわけにはいきません。

山本さんが連れてきた元気なライターな女の子が私と飲みたいってことだったのですが、
行った先は、名俳優北見敏之の会員制バー「殿山」。
さらには、わらわらと呼び出しで集まるスゴ面子。

北見さんは、店でゆったり飲んでるし、ロンドン在住のデザイナー神戸真知子さんとか、これまた我が事務所の巨匠石川光明氏とか、葵プロの笹貫氏とか。。。



P1000108.jpg
ラブ山本さん



つまりは、悪なオトナ大集合。楽しくないわけがない。

この日はレッスン続きでぐったりしていたのですが、疲れも吹き飛ぶ刺激的な夜でした。
で、このメンツで2丁目っていうのも、不思議なのに、さらにカラオケに行くというとんでもない展開に!


山本さんたちとカラオケなんて初めてだよ!!

201005230147000.jpg
歌う山本さん。かわいい。



なんか凄かった。



なんといっても一番凄かったのは、その中で、酔えば酔うほど、躊躇も遠慮もなくなって、大スパークしてくるライター志野嬢でしたが。。。


P1000110.jpg


P1000102.jpg
志野のお友達。。同じくライター小説家の安部ちゃん


もう。無理してはっちゃけなくても、勝手にはっちゃけてくれる人がいるという新しい立場を獲得しました。
ああ。よかった。





と、まあ。

私のつぶやき的発言のなんともいえぬ俗っぽさ。。。。



つまりは、コレが言いたかっただけなんですわい。おほほ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。