スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう麻美ネタは尽きた。。日々を振り返る。その4「北岡ひろしさんリサイタル」

先日、お誘いいただいて、北岡ひろしさんのディナーショーにいってきましたの。

ディナーショーよ!ディナーショー!
おハイアットリージェンシーでのおディナーショー!

何度も連呼してはしたないですが、
「ディナーショー」って、なんで、こんなにゴージャスでわくわくする響きなんでしょう。
大衆な雰囲気と豪華なイメージが見事にドッキング。
素敵なお食事に会話もにこやか。ワイングラスなんかを傾けたりして、今宵一夜のエンタテイメントなディナーショー。


麗しいわ。ハレの日って感じだよね。
特別な日。
ちょっとこの日はおめかしして、おすましな感じも素敵。

生まれてこの方、一度も行ったことなかったので、お誘いいただいたときは、
わお~!と飛び上がりました。


ご招待ってだけで、恐縮してしまったのですが、

なんと北岡さんのご好意で、お食事までしっかりご用意いただいてしまった。。。。



き、北岡さん!!(涙)






なんとお礼もうしあげてよいのやら。
せめて粗品をとお菓子もって、恐縮ながら楽屋にお邪魔したら、本番前になのに、全然気さくに、
「あら~。お金なんて使わないで~。」いえいえ。使ったうちに入りません。


ですよ。もう。なんてか。もう。


本当に、北岡さんという方はですね。
男の中の男というんでしょうか。

兄貴なんですよ。実際。

おらおら~~な兄貴というわけではなく、
ものすごく柔らかくエレガンスな物腰で、細かやに色んなことに目を配り、そんでもって、粋でいなせ。
やることがいちいち格好いいんです。


紳士なんだよなぁ。ほんと。
ああいう大人になれたら、素晴らしい。
かなり果てしない道のりですが。。。



かくいうわけで、きっちりちゃっかり楽しんで参りました。





実は、ギャランティーク和恵嬢が10月に日本橋公会堂で行うビッグリサイタルをお手伝いすることになったので、二人でお勉強の意味を込めて、ディナーショー鑑賞。


ごちそうですわい(涙)


CIMG2541.jpg

CIMG2543.jpg

CIMG2544.jpg




食事を堪能したところで、開演。
お客様はお酒も入って、ほわっと華やいだ空気ではじまるだね。

いいね。素敵。





いやはや。素晴らしいSHOWでした。


北岡さんは、女形で歌われるんですよ。
これが、美しいのなんのってさー。

うっとりですわ。
早代わりとか勉強になるなぁ。


構成含め、なんというか。
とにかくなにもかもが勉強になりました。


二人で、見入ってしまった。
感動したなぁ。ぐっときましたです。



CIMG2547.jpg




やはり、何に一番ぐっときたかといえば、
北岡さんの歌い手としての姿勢。


歌の素晴らしさはもちろんですが、
お客さんとの間合い。距離。心配り。愛情。


たおやかで、可憐で美しい北岡さんの着物の襟元からは、色香とともに、そこはかとない気骨のある男気が溢れていました。

ぐっと太い芯というか。生き様というか。


やはり、プロというものは、いつでも本気。がちんこ勝負してるのだなと。


静かに白く燃える炎のような気が溢れてました。

歌い手としての、覚悟と情熱というのでしょうか。

その白い炎がお客さまの心をつかんで離さないのだなと深く私の心に響いたのでした。




「美しいな」と、ため息がでました。





スケジュールの関係で実現しなかったものの、実は、このディナーショーに出演のオファーが来ていて、ほんとに、もう、出られなくて残念すぎ。悔しいっ。

でも、お客さん目線で、色々と勉強になることだらけだったので、これはそういう大事な機会だったのかもしれない。





ああ。素晴らしい時間だったなぁ。
北岡さん、本当にありがとうございました。


次は、お役に立てるように、ご一緒して恥じない仕事したいと思います。




そして、10月に和恵のリサイタルにきっちり生かすぞよ!
和恵嬢!いいものつくりましょう!


余談であるが、
うっとりと余韻に浸ってしまい、思わず。まさに思わず。
帰りにおハイアットのお高級なおケーキとおパンをふら~と買ってしまった。。。
判断能力が欠如してたとしか言えない。
立ちくらみな美味さでした。これまた早々買えませんが。




北岡ひろしさんのサイトはこちら→北岡ひろし公式サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。