スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の日々を振り返るその3~おめでとう!WEDDING~

バンボラも終え。振付3本もからがらこなした翌日。。。
振付の途中“限界”の亀裂が生じそうになったのをかろうじてこらえ、なんとか限界越え。


で、日曜日。怒涛の最後は、シアワセの会。

「高橋ちゃんWedding PARTY」

椿会の番頭的役割の高橋ちゃんが、おめでたの報告をくれたのは、8月の終わり。

パートナーだった蜂屋さんとのコンビは、いつもほのぼのしてて最高で。
このままシアワセになってくれたらと思っていたところの朗報だったので、心底嬉しかったのでありました。


で、入籍はすませたものの一向にパーティなどの気配もなく、ここらで私らでしきってやるべき?
と考えてたところ、
蜂屋さんが、マネージャーをされている歌手の北岡ひろしさんが、ぐっと会を取り持ってくださり、ハイアットでのパーティと相成ったのでした。


やっぱり、式とかお披露目の会って、節目として女の子にとっては、何だかんだいって大事だから、北岡さんには、なんと感謝していいのやら。


もうね。北岡さんはね。素晴らしい方なんですよ。
何もかもきちんとした、ホンモノの方だし、物腰の柔らかながら、ぐっと男気のある素敵な方。


普段、表舞台の方なのに、ぐっと裏にまわって、細やかな気配りの元、会を仕切ってくださってなんとも感動。



ご本人が決してでしゃばらない感じがなんとも素晴らしかった。普通できないよ。そんな風には。


北岡ひろしさん公式サイト
前にハトヤにSHOWも観にいったよ。 →2009年5月の日記参照


で、我々といえば、こっそりサプライズでSHOWを準備していたのでした~~。

椿会の演目に、結婚式のブーケトスをSHOWにする演目がありまして、営業時、高橋が「自分もやってほしいな~。」なんて、つぶやいていたのを、もちろん聞き逃してるわけがない。

いつも一緒にやっていた高橋ちゃんのために、やらないわけがない!!

でも、こっそり準備して驚かせたい!
ということで、蜂屋さんと密かに綿密な計画をして、決行。



しかしながら、音編集してても、練習してても、「これは私、確実に泣くな。」と思っておりましたが、


もうSHOW以前の問題で、会はじまりの新郎新婦入場の段で、すでに大泣き。
椿会の中でも一番の妹分だったので、嬉しくて嬉しくて。

ずっと泣いてましたがな。



CIMG1389.jpg

CIMG1407.jpg




ほんとによかったなぁ。



演劇やってたり、色んな経歴な二人のご友人たち、さすがに芸達者が多く。
中でも、もと自衛隊の方のラッパがとってもいかしていた。


CIMG1394.jpg
(蜂屋さんは、なんと元自衛隊のレンジャー)




で、我々はというと、
御呼ばれのおめかし着の中に、衣裳を仕込み。

CIMG1386.jpg

CIMG1383.jpg

CIMG1385.jpg



会場の廊下にはシルバーのウィッグが並び、無事にサプライズは大成功。





CIMG1414.jpg




みんなが二人を愛してて、暖かく祝福してる素敵な会でした。




CIMG1412.jpg





高橋ちゃん、おめでとう。元気な子を産んでくり。
子連れで椿会復帰まってます。




怒涛の最後がこれだし。
忙しかったけど、愛に溢れたハッピーばかりな一週間だったなぁ。


シアワセものですな。






余談。。。

会の宴席で一緒だった高橋の甥っ子(4歳)が、ポム子にご執心になり。

帰りに
「ゆみ。番号教えて。」と、呼び捨てで抜け目なし。
椿会の魅力は4歳児も迷わせる模様。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。