スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に終わってよかった。。。

振付、客演しました「ももいろぞうさん」のお芝居。
無事に5公演終えました。

今年、下半期の大責任仕事が終わった。よかった。



明け方帰って、そのまま寝るというより、ベッドに気絶して今日を向かえた私ですが。
(昨日帰ったまんまの身なりでいる汚れな自分。36歳。乙女)


いやああああ。ノープレッシャーってすばらしい。。。




もう。あれだ。ほんと大変でしたの。今回。まじで。
途中、はずせない仕事が沢山あった中での並行作業だったし。

ある意味、過酷な現場でした。



若さという無謀を、プロなスタッフで、なんとか乗り切りましたが、
誰も怪我することなく終わって、とにかくお母さんほっとしましたよ。



今回は、ひと回り違うような娘さんたちに振付指導をし、出演。。。
というより、なんつか娘さんたちが盛り上がるようにあっため隊長的に存在してましたが、

娘さんたちが、一生懸命頑張っていて、打上げで感無量やら寂しいやらで泣いていたり、スタッフに寄せ書き書いてくれたりな感じは、みていてほほえましかったです。


みんな青春なんだな。。。
愛らしかったです。




今回、私が絡んだことで、何か少しでもそれぞれに発見があったら、私の役割は充分全うできたのではないかと思う。



が、これはお客様を度外視した中での話しで、




お客さまには、4900円が高いと思わせてしまったことは。ちょっと反省。

これまで自分が関わってきたことで値段より高いと思わせたことがなかったので、
ちょっとこれは考えなければいけないね。

お客様ごめんなさい。
私の踊りで3000円分位はもたせようと思ってましたが、、、すみませんでした。


観に来てくれたうちの兄(劇作家)。
彼は、私と正反対の物腰が柔らかく穏やかな口調ながら鬼な人ですが、
やはり案の定、穏やかながら鬼発言をされており、
このダメだしっぷりに、
「ああ。この人はやっぱり私と血が繋がっている人なんだわ。」
とちょっと感慨深かったです。



中日の深夜は、芝居終わって、オメガのパーティでもSHOWの出演がありました。
かの佐川一政氏や緊縛の有末剛さんらとお会いしたが

何ですかね。


どんなことでも極めたら、それが自分の存在価値となるのですよ。




有末さんの緊縛は美しかったなぁ。 美しくてエロティック。


全てにおいて、プロフェッショナルとは、つまり。


一切無駄のないフォルム。そして愛。






これに尽きると思います。







愛だろ。愛。







皆さまお疲れ様でした。










と、ここまで書いて、あとはつぶやき。




マッサージでもいくかな~。
スタジオ椿の熊手を買いに酉の市もいかなきゃ。いや~。いけるかな~。





うんうん。お疲れ。
勤労感謝。自分にするす。お疲れ。お疲れ。。







明日から、年末のパーティシーズンが始まる。
仕切りなおさねば。。。

ああ。温泉いきたい。。。 美味しいご飯食べたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。