スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えは、やはり身体にある。

珍しく、心沈むことがあり、どんよりと寝れなくなるという事態に陥りまして。
そうなると、なるほど身体は、どんどん冷えてくるのですな。


落ち込みながら、「あ。冷えてる。冷えてる。」と思いました(笑)
メンタルと身体の関係は顕著であるよ。

裏を返せば、アタマでどうしようもなくなったときは、身体に改善を働きかけて、とにかく暖かくしておけば、とりあえずなんとか心が持ち直すわけでして。

その流れでスポーツストレッチを受けつつ、兼子先生にそういう話をすると、冷え=骨盤やらが閉じてしまって、縮んだ状態にあるんだと。
案の定、終わって、身体が開いたら、ぽかぽかのアタマもすっきりでした。

なんとかニュートラルな状態に身体で、向かったのは、


なんとプロレス興行。 大日本プロレスを初観戦。


金曜のテレビは有無をいわさずプロレスだった家で育ったものの生観戦は初!
葵プロ八代さんのお誘いにて、わかぎえふさんと3人で観戦。これまた濃厚な集まりである。


会場に入ったら、生のライトに照らされたリング。なんとも小屋とリングな雰囲気が、なんとも非常に演劇的。アングラのテント芝居のようなギラギラしながらちょっと物悲し気で、すごく素敵。サーカスのあの雰囲気とも似ているかもしれない。


もうこの時点で、わくわく度あがりまくり。


CIMG1162.jpg




プロレス!生で観た方がいい!!絶対いい!!
いやはや。ほんと!


ダンス公演やストリップに近いかも。
しかも非常に即興性の強いもので、
技を掛ける側、掛けられる側の一体となった様式美。

間合い。呼吸。絶妙だった~~。


肉と肉がぶつかりあう感じ、が非常に人間臭く。
でもそこは、リアリティと見世物としてのエンターテイメント性がうまく融合されていて、バーレスクやストリップとの共通点が多く、なんとも共感。


CIMG1154.jpg




で、それだけでは、終わらず、蛍光灯デスマッチという名の対戦になり、デスマッチはて?と思っておりましたらば、

ロープになんと何十本もの蛍光灯が設置されるではあーりませんか。


ぶつかったら、割れるでしょう~~。
破片がささるでしょう~~。痛いでしょ~~。


壮絶でした。また蛍光灯が派手にポンポン割れるんだわ。
レスラーの皆さんが小さなキズ痕だらけで不思議~と思っていたのですよ。どうりでだよ。


みんな血だらけで戦うのよ~~。いた~~い。





こんな感じ。



かなりのカルチャーショックにしばし呆然。

ラウンドが終了して外に出てみると、今しがた蛍光灯で血だらけになったレスラーが血だらけのままで物販こーなーでファンサービスしてるじゃないですか!!


CIMG1161.jpg

CIMG1160.jpg


ひ~。すげ~。




しかしながら、殺し合いではなく、けんかでもなく、あくまでエンターテイメントとして消化されているのが、素晴らしい。

いや~。命をかけたエンターテイメントでしたよ。



すべてはお客様のために、命かけてる感じが感動的でした。


生命力をもらった気がした。




あとエンターテイナーな、レスラーはやっぱりセクシーだね~。



CIMG1165.jpg

CIMG1171.jpg

CIMG1177.jpg
試合の仕方が一番格好よかった葛西純さんと写真とってもらったす。







その後、八代さん、わかぎさんと軽くのみ。わかぎさんとは初対面ながら、姉御なお二人と楽しく時間をすごさせていただき、いいエネルギーをすっかり充電して帰宅。




心が疲弊してた絶妙なタイミングで、こういう機会がくるんだな~。



芸の神様わかってんな~。



改めて、自分のクリエイトは、お客さんにパワーを差し上げられるような、そういうものでありたいと感じた次第。


表現とは、まさに「体当たり」なんですわな。ほんまに。
身体の中心で愛を叫ぶのだ~~~!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。