スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海のエジプト展

あっという間に週末だ。。。
あれ~。今週は何をしていたのだ?はて。


台風と地震とのりぴー(もういいっつの)にゆれた今週。私は、主に逗子にいました。



CIMG0298.jpg

くもりでも日焼け注意。


CMロケのお手伝いにったのですが、これまた初日は、台風で中止。結構カツカツなスケジュールの中で薦められていたロケですが、台風に地震。。。

美術部さんが作りこんでいたセットの一部が波にさらわれるなどの幾多の困難に巻き込まれた制作部のE君は、もう修行僧のように、何か悟りの境地に入っておりました。

「神様は、乗り越えられるという人にしか、困難を与えないんです!」

と、限界点を越えた顔で語ってて、ちょっとわろた。



炎天下の撮影で、スタッフは、皆一様に真っ黒で、みんな海の家の人のようなさわやかっぷり。

それにしても、スタッフの皆さんってのは、なんであんなにいい仕事しかしないんですかね。
プロって、やっぱり素敵。


どの現場にいっても、てきぱきと仕事されてて、いつ見ても惚れ惚れします。



個人的には、男子の生足だらけで、おねいさん密かにかなり萌えでした。
ええもんみせてもろたー。なまんだー。なまんだー。


昼すぎに、終わった日があったので、ちょうど帰り道だったので、みなとみらいでふと降りて、


「海のエジプト展」@パシフィコ横浜

を見てきたよ!!


気になっていたけど、出不精だから、東京からだとわざわざ横浜までは、なかなか行けない自分だったので、ちょうどよかった。



海のエジプト展。

古代都市アレクサンドリアの遺跡のほとんどが海に沈んでるですって。
割と街からすぐの海底にあるんだけど、水質が悪いなどなどで、なかなか発掘までいかなかったんだかけど、最新の技術と英知で、最近発掘が進んでいるんです。

そしたら、出てくるわ。出てくるわ。
貴重な歴史遺産の数々。

海底に沈んでた分、盗難目的の発掘もなく、かなり沢山のものがでてきたんだって。


入場料2300円で、音声ガイドのレンタルが500円。
ちょっと高いなぁ。なんて思って入ったのですが、

入った瞬間にその考えが一掃。




もう!ね!
ほんとにすごかったんだから!!

すばらしい遺跡やらなにやらが、ところせましと陳列されてました。
展示品の多さとすばらしさといったら、なかったよ!


なんでも、その面が海底に面して沈んでいたから、ほとんど痛んでおらず、完璧な状態でエジプト文字が刻まれているものとか、
王と王妃の五メートルもある像とか。


ほんっとに圧巻でした!


そして、米粒くらいのアクセサリーとか、コインとか、
こんなものよく広い海から、見つけましたね!
というくらいのものまで。


いやはや。すごいです。

ダイバー達の発掘の様子も合わせて、見ることができるのですが、
本当に悪い視界の中で、細かい手作業を施しながら、発掘をされてて、
その仕事ぶりにも感動。



時代を超えた遺跡と、現代の最新技術の融合が織り成した今回のエジプト展。

思わず感動に心が震えました。泣けるっす。まじで。



でも、発掘が終わるのには、まだ100年はかかるってくらい、まだまだ色んなのものが眠っているだって。

すごいね。ほんとすごいね。




是非是非。皆さん、行った方がいいよ!!
これは、本当にオススメ。
9月23日までだって。


で、戦利品は、こちら。


CIMG0305.jpg


大人の少年心を巧みにつかむ、フィギュアのガチャガチャ(300円也)。
まんまと2回もやってしまいました。

そして、エジプトといえば、
乙女は忘れてはならぬ漫画「王家の紋章」
(絶賛連載中。現在54巻ですがな)

やっぱりコラボしてて、思わず一筆箋買ってしまいました(笑)


私の前に並んでた私よりはるかに年上な女の人が、2万くらい「王家の紋章」グッズ買ってたわ。
あれマニアだな。


いつまでたっても終わらない漫画の元祖「王家の紋章」。
連載32年らしいです。すごいです。



しかし、そこは、元祖、細川智栄子先生。
毎年1巻はちゃんとでるんだから。続いてるんだから!


美内すずえ先生も、別のことしてないで、細川先生を見習って連載してほしいものです。

なんか読みたくなっちゃったわ。
全巻大人買いしちゃおうかしらん。




CIMG0301.jpg

ちなみに、さすがはエジプト。装飾品もさりげに販売。



CIMG0302.jpg

CIMG0304.jpg



ファラオのこれ。純金とプラチナとシルバーありまして、
50万位してたす。


誰か買う人いるのけ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。