スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えるアタマ

日曜の街は、混むんだねえ。うっかりしたよ。
しかも雨だよ。


みんな遊んでんじゃね~。雨降ったら家帰れ!


ってなわけで、今日も今日とて、踊り子ちゃんの衣裳買いにいって、振付して~の1日。



街が混雑してて、雨で、もう予想外の時間がかかってしまいましたことよ。
休む暇なく、おレッスンですわ。




四つんばいの状態で、頭を下にして、片足を上げる所謂「しゃちほこ」という技があるのですが、

それのやり方を教えていたときに、
これまた本日の名言が!

「先生。それをやるとおっぱいが顔にかぶさっちゃいます。」


顔にですか~~~。そんなですか~~。



もうね。すごいね。
おぱーいに自分でキスは普通にできるそうです。


あら~。素敵すぎて見果てぬ夢ね~~。


巨乳にしゃちほこは無理だそうです。そですか。はい。



かれこれ7時間近くかかって、終了。
ぐったり帰宅して、ご飯食べて、思わず猫とうたた寝して、


あちゃ~~と思ったら、まだ22:30。


「お。まだまだ。いける時間じゃん。仕事できる。」

と、ふつーに思った自分がちょっと偉いと思いました。



てなわけで、作業はまだ~続き~。明日も~振付~~。




そして、あけて月曜も振付~~に従事したわけでして。
色々作業は山積みで、せこせこやっておるミッドナイトであります。




ときに、ふと。




アタマは、考えるためにあるのである。





お年頃なので、後輩な人たちが増えてきましたが、
嫌いな返しとして。


「どうすればいいんですか?」
「どうしましょう?」



というのがあります。
わからないことを聞くことって、大事なんですけどね。
私もわからないことは、素直に聞きます。


でも、嫌いな感のするそれには、考える前に明らかにまず解答を求める節があり、なんでも教えたとおりに、そのまんま的ベルトコンベアー作業的なスルー感があふれておて、
そのなんつかとりあえずまんまやる的根性が溢れてることが多く。その感じが何だか嫌いなのである。





「創意工夫」

これは、私の高校の恩師、陸上部顧問のせぐっちゃんが、いつも面白おかしくポジティブ脳を解いてくれたときの名言であった。

とにかく、時間がかかってもいいから、あれこれあーだーこーだ考えて、まかりなりにも自分的最善策をとればいいのである。


そしたら、それを元に時間がかからない次なるヒントをアドバイスできるのに。



なので、お年頃の私としては、こう聞く。

「貴方だったら、どうする?どう思う?どうやってみる?」

つか、大人なんだから。てめえで考えろ!です。







でも最近の自分がよく言っているダメだしに


「考えろよ!」「自分で考えてみろ!」



というのが、とても多く、なにかしら、世の中はそういう風潮にあるのかしらとふと考えたりします。




考えないと、脳がツルツルになっちゃうんだから!





でね。こないだスカポンタンがおりましたの。



先日の衣裳の買い物の話である。
靴を買って、領収証をもらう段になりまして、


宛名はこれで、と別の買い物の領収証を提示。
ただし書きは、もちろん「衣裳代」であります。

で、普通は、この別の領収証を参考に、ただし書きを書いてくれるのだが、

スカポン子(女子:推定年齢23歳)は、
「ただし書きなんでしょう?」と聞いてきたので、


「衣裳代で。」申しましたところ、私のかつ舌が悪かったのがいけなかったのか、


スカポン子は、耳に聞こえたまんま。



「商代」と書いてくれました。




つか、「商代」ってなんだよ。「商代」。

「いえいえ。衣裳代です。」

といったら、そのままざざっと消して、さらに漢字を間違えてさらに消して、なんて繰り返すもんだから、



TAMAYOおねいさんもいい加減、ぶちきれて。

「アホか!お前は!!」


と、怒ってしまいました。。。やーねー。年増って~。


仮に「商代」と聞こえてしまったとしても、

そこで、
「それはなんでしょう?どんな漢字かしらん?そんなただし書きあったかしらん?」とふと考える脳がなかったのか。


ねえ。「商代」ってなによ。と聞いたら、答えられなかったよ。スカポン子は。

わからないことを書くな!聞いたまんまいうとおりに書いとけばいい、なんていうその根性にホスピタリティの欠片もなかったのも、怒りの原因。



「お宛名何にしましょう。」「上様で。」とのやりとりに

苗字か何かと思ったのか「上様」って、まんま書いたって話に匹敵するスカポンっぷりでした。




私は、褒められるの大好きだから、
常に褒めてもらいたくて、偉いといってもらいたくて、なにか課題を与えられたら、少ない脳であれこれ思案をめぐらせ、とりあえず、自分的に最高の案と行動が思いついたら、実行してみて、


こう、アホなワンコのように、尻尾振りながら、

「あの。あのね!こうしてみたの!そしたらね。凄く効率よくってね。すっごいいい感じなの。素敵になったの。」


と、アッピールしてみて、
それが受け入れられたら、最高にハッピーで、

「あたし、凄い!」と自画自賛!ああシアワセってなる。


自分のシアワセのために、一生懸命考えて動く。


ただ、おめでたく、それだけなんですけどね。






こういうの~。もう古いのかしらぁねぇ。
(ほほに手をあてながら)






ええ。あの。その。ちょっと息抜きに、こぼしてみました。それだけなんですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。