スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史の数だけ。

衣裳だらけ。。。



いってきました。浅草ロック座倉庫掃除。




法政が負けている状態の試合を途中で抜け、今世紀最後の野次男、彰ちゃん(お父様)を一人残していくのはどうかと思いましたが、いたし方ありません。



(その後、勝ち試合の報告があり、ほっと胸をなでおろす。おそらく隣に座っていた見ず知らずの男子学生と悦びをわかちあっていたに違いない)



すでに炎天下にさらされて、この状態でぐったり。地下鉄でがっくんおちました。




待ち合わせは、浅草ビューホテル前。
浅草ビューホテルは、元国際劇場(涙)
SKDの本拠地でした。

NEC_0867.jpg

生でみたかったな~。

寅さんシリーズの木の実ナナがマドンナの「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」では、SKDの華やかな舞台がでてきますよねー。

これがまたおしゃれ。ほんともっと早く生まれてた。確実に日劇が、SKD入ってたね。







倉庫掃除。浅草ロック30数年の歴史がつまりまくりです。
衣裳だらけ。


NEC_0863.jpg



もね。おととしくらいからずーっとやってるんです。
でも終わんないんです(涙)


まず二つあった、倉庫をひとつにするところからはじまり、もういらない衣裳を捨てて、片付けて、というはてしない作業を地味~~に雅麗華先生とやっていくのであります。



NEC_0865.jpg



NEC_0866.jpg





あまりの衣裳の多さに、途中幾度となくくじけながら、
衣裳ケースをひとつひとつあけて、あれはいる。これはいらない。あの衣裳はそこの衣裳ケースと一緒にして、、、、

と、ほんともくもくとやっていくのです。


椿会ももくもくと作業です。



体力の限界を感じつつ、心を奮いたたせて、作業していくさまは、一種の修行のようである。


はっ!これは、修行なのか。踊り子の修行なのか!?




なんて、ぐったり意味不明な思考が展開されているくらい疲れてるところに、雅さんの息子(17歳)が、元気に「たまよさ~ん。これみて~。」なんて、ふざけにきても、うまいこと返せません。



「これが。。若さか。。。」


と、脳裏には、シャアの名台詞しか、思い浮かばんよ。あーた。









今回、ようやく終わりの兆しが見えるとこまで行きました。

それでもまだ手付かずのところがあるんですが、
あと2回やったら、もうひとまず整理が落ち着く(涙)






自分たち、頑張ってるよ。えらいよ。 かーなり。

華やかだけじゃないのよっっ。舞台ってのはさー。(はすっぱな踊り子風)





NEC_0864.jpg


色気もへったくれもなし。自分、男前っす。雅さん、元トップスターです。




でも~。いらなくなった衣裳、椿会もらいました~。
ほんとね、ロック座は、衣裳作ってたんで、スパンとか光ものとか布とか、これまたお宝ばかりなんです。




衣裳好きな貴方。次回は是非参加しませんこと。
マスク必須。汚れ覚悟でひとつ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。