スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ、当たった!!!!

未だ信じられません。 。。





生まれてこの方、ギャンブル、宝くじ、抽選系には、まったく縁がなく、
これまた人生がギャンブルみたいなもんなので致し方あるまいとあきらめておったのですが。。。








なんと~~~!!!



ユニコーンのプレムアムシークレットライブに当たったのよ~~!!



感無量です。。。。(嗚咽)











当選者のみメイルにて、らしいのですが。。。

着ました。はい。確かにきました(涙)



あたし。。。いってくるっっっ!!!




武道館、ヤフオクで大枚はたいていくかって、思ってたからっ!

うれち~。





しかし、未だ集合場所だけで、会場がわかりません。
バス40台位って、書いてあったから、1500くらいのキャパんとこだろうけど。



このまま船に乗せられて売られたりしないよね。





アルバムきかなきゃ。新譜予習しなきゃ!
と早速新譜買いました。復習がてら、ベスト盤も思わず買ってしまいました。(売り手の思う壺)




いや~~。まずベスト盤。
久々に聞いたら、泣けてきましたよ。ほんと。



これを聞いてた時期の空気感がぶわ~~と広がって嗚咽。まじで泣きました。




そこまで熱狂的なファンのつもりはなかったのですが、
どれもこれも覚えてました。

今、手元にCDはないのだが、はて?と思って、はたと気が付きました!!


当時、レンタルしたり、友達に借りたりしていたCDは、すべてカセットにいれていたのよ~~~~!
カセットは、さすがにもう捨てたと思われます。


そうである。CDが時代の波にのってやってきたのは、私らが、中学生くらい。
高校生のときにまだMDなんて、なかったもの。ましてやCD-Rなんて!



ウォークマンよ~~!!

録音機能がついてるのもってた人は花形でした。



パソコンが当たり前にない時代だったよ。
携帯なんて、まだ自動車にしかついていないすっげーでかい機械だったよ。
ポケベルだったよ。




そうだよね~。


ときは、20年もすぎているのであります。





ユニコーンをリアルにきいてたの20年前だって。。。。ひ~~。


そんな感慨にふけながら、いよいよ新譜を聞きました。。。。。




む!!

すっげ~~~イイよ!!





これはですね~。
民夫のソロしかしらないとか、リアルにユニコーンにはまってない子供にはわかるまいっっ!!





この感動って、なんていったらいいのか。。。




思春期に大好きで、かっこよくて憧れてた先輩な人たちが、大人になって同窓会であったら、まだかっこよかった、いや前よりさらにかっこよくなってた的感動に似ています。




当時、おぼこいで、未来に心ときめかせて、きらきらしてた少女な私たちも、20年たてば、ある程度色んなことを体験し、酸いも甘いもしりつくし、真っ白とはいえなくなってしまったわけで。



でも、そんな中、久しぶりのこの男たちときたら、
ちょっと中年なメタボなお肉つけつつも、なんだか子供みたいにはしゃぎまくって、いい音楽作りまくってるわけですよ。


そんでもって、がぜんキャリアとスキルが違うから、半端なくすげ~ことしまくってて、
でも熱すぎないいいゆるさもあって、




いいじゃない。大人の男が、少年じゃなくなって、まだ少年である感じ。
ほんっとにくだらないことに熱くマジになっている感じ。

本気です。命かけてます。熱いっす。熱いっすよ。



大人って、ばかじゃん!かっこいいじゃん!人ってそういうもんじゃん!

と、胸の奥の方にしまっていた少女な心をひっぱりだして、キュンとわしずかみにしてくれる。



そんな感じ。
純粋に女子が、男子って楽しそうで、かっこよくてうらやましい。。。と思える感じ。



嬉しかったです。ほんと嬉しかったです。







素晴らしいアルバムです。




昨今、Ituneとかで、単独で曲を買うことが増えたけど、
これは、久々にアルバムで聞いて欲しい一枚でした。





新しいけど、変わってないよ。進行形のユニコーンが聴けます。
大人になってしまった私たちを今のまんま、でもピュアなとこだけぐっとあの時期に戻してくれる納得サウンドです!




ベスト盤を懐かしむより、新しいのがぜん聴きまくりです。

27日のライブで、生で聴けるの楽しみ。



ライブで、昔の曲ききたいなあとか思ったけど、昔の曲なんて、やる必要まったくない!!
今のユニコーンが熱い!!


そんな感じす。

あ~。わくわくすんな~~。こんな気持ち久しぶり。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。