スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり防災訓練

昨晩、25時半をまわった深い夜な時間帯、いきなり非常ベルがけたたましくなりまして、火事?何事?一大事!と、いちおどきどきしながら、避難準備をするはめになりました。


さいわい、なんだか炒めものの香りがしたので、きっとどこぞの家の深夜な料理に非常ベルが反応したようだけど、
いつかくる災害に備え、せっかくなので訓練をすることにしてみました。


深夜だったんですけど~~。




つまりは、猫問題。
二匹のビビりをいかに素早く持ち運ぶかであります。
なにかのときのために、キャリーはすぐだせるとこにありますが、
いかんせん、猫はキャリーか大嫌いなのでございますよ。

ヒトの気も知らず、キャリーがいやで、逃げ惑う猫たちをなだめすかして、つかまえる間に死ぬっつの!


というわけで、落ち着いたのは、一匹は絶対、私にしがみついて離れないので、首輪に綱で抱っこ。もう一匹は、なんとかキャリーに押し込めて、とりあえず逃げるでした。

いやー、生き残れそうにないなぁー。



とりあえずシュミレーションのいい機会になったのはいいが、非常ベルの音にビビって、さらにはキャリーだの首輪だので、気がたってしまったこの猫たちをどうせいと?



なかなかお猫さまたちの興奮状態にて、

しばらく寝れない夜となりました。あはー。







逃げる体勢とったの図。



1085561025_185.jpg
オスがなんともへたれにて、だっこ。


1085561025_215.jpg
肩からさげてる、このキャリーにメスがいます。








その後、ことの次第を理解したのか、解放後も自主的に別のキャリーに避難するメス。


1085561025_155.jpg
おまえは強い子だね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。