スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスがよぉ。編集する 2009年01月08日01:52 ベランダにカラスがきだして、はや幾歳月。。




うちの猫は、外に出したこともないのに、わずかな羽音でもカラスに反応する。

「ほほぉ。ぬしらにも野生の本能がありましたのか」と感心していた呑気な日々が懐かしい。

とはいえ、遠近感が、彼らにはないため、遠くのカラスはちょこざいなと思っている感があり、いえいえカラスは大きくて、あなた方の手には負えませんことよと忠告してはおりました。
ま、最近は、すっかりどうでもよくなったのか、無反応。さすがは家猫である。



さて、最初の異変は、あれ。



プランターの土になぜか鶏肉とちくわがある。。。
ベランダの美しい花のそばに、いきなりちくわ。。。


「ひ~。」

うちのベランダは高層なので、スパイダーマンクラスでしかストーカーは無理なわけで。な?なに?
と目を疑ったものです。

なんてこたーない。
プランターをえさ置き場にされていた模様。

速攻処分したら、ここに置いたらなくなると思ったか、その後ストックにはされず。


そしたら、次はプランターの花を荒らされ。怒り心頭!


「カー!」


なんつって、呑気になく姿に、むかっ!
馬鹿にしてのか!


ベランダに止まってるときは、怒鳴ってみたり、水かけてみたり。



ちょっと迷惑な話になってきたのでありました。




とある雨の日、ふと駅からの帰り道信号待ちで、うちを見上げていたら、おカラス先生、我が家のベランダで雨宿りのおくつろぎ中。。。。



む~~。
むかつく。なんかむかつく。



怒鳴ったりしたら、すぐいなくなるんだけど。
なんつかうちを完全に休憩所化している。。



と、しかしながら、ちょっとカワイイかなぁとか思ってみたりもし、
そのうち、家が飽和状態になって、ベランダ園芸もおざなりの枯れ野原な去年となり、
カラスがきても(毎日ひとなきしてるし)、めんどくさいからほっておいたところ。。。




去年の大掃除で、ようやく荒れたベランダを片付け、そろそろ土だけのプランターに花を植え始めようかなと思い始めた矢先。





む。



プランターにどんぐり。。。。



また餌場化?


むむ。。。。




花を植えて、また荒らされたらどうしよう。
ちょっと様子みなきゃな~と。


ここ最近、そんなことを考えておりました。







そしたらば、今朝方、血相をかかえた大家さんが!!


「お宅のベランダからカラスが道路にまで土を落としているので、植木鉢を撤去してください」




と。。。





え?





慌てて、ベランダにでてみると!


綺麗にしたはずのベランダ中にプランターの土がまき散らかされてる大惨事が!!



「ひゃ~~~!!」





とりあえずあわてて撤収。



で、


カラス対策、リサーチしたら、
結構、パンチのきいたものが多く、


「カラスの死体をぶら下げると何故かカラスが近寄らないということがあります。
どうして近寄らないか原因は不明です。
これはかなり昔から経験的に使われている方法です。

問題点はカラスの死体を手に入れることが難しいことです。
また、腐ってしまって形が崩れてしまうと効果がなくなります。
腐らない工夫か必要です。
同じような効果をねらって模型も売られていますが、
本物にはかなわないようです。」



「問題点はカラスの死体を手に入れることが難しいことです。」




って、当たり前だっつの。



確かに売ってます。こんなの。
「団末魔カラス」



でも、こんなのベランダにあるのってどーよ。実際。




こうなったら、ネットすかね。
カラスよけネット。ネット貼るかね。



ん~。女の小厄な今年、小さなとこから来たな~。







ばか。カラスのばか。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。