スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まった。。。

正月は、本当に三日三晩呑んで食いました。


最後、お父上の意向でさんざん食べた挙句、空港のラーメン(なんと邪道)で締めるという堪能の九州飲んだくれ帰省でありました。


さらに追加すれば、空港についたその足で、巨匠松尾スズキ先生邸にてさらに呑むというオプション付のこれでもかの宴会三昧な三が日でしたよ。


飲み食いに関しては、思い残すことはない!!




今回の帰省の一番の目的は、唯一健在でいてくれている母方のおばあちゃまと一緒にお正月でして。

というのも、先日暮れに帰ったときに、おばあちゃまが、私に着物を作ってくれたものをお披露目してくれて

「これを。お正月にきたらよかたい。」

と、お正月待っていてくれたので、帰らぬわけにはいかぬとジリ貧極まりなかったのですが、なんとか帰らせてもらったのです。



ま、正月田舎に帰るってのは、やっぱり大事かもね。



NEC_0713.jpg





着物は、臙脂のひょうたん柄。
これまた粋でステキな。。。。。。(涙)

NEC_0716.jpg

NEC_0715.jpg
帯もこれまたお下がり。蓑虫の殻で作ったとてもステキな帯。





大好きなおばあちゃまで、教えてもらいたいことが、まだまだたくさんありまして。

一緒に着付をしてもらいつつ、苦手なとこを直すコツを教えてもらい、嬉しい時間を過ごしました。
さすが、その通りにやってみると、すごくうまいこといっちゃったり、

どんな先生よりも素晴らしいご指導賜りました。


NEC_0710.jpg





今年は、そんなおばあちゃま宅にて、ワタクシの恒例行事書初めを行いました。



s-DSCN0178.jpg
書くっつったら、書く。



初心表明より、ちょっとアレンジを加え、

「泉なわたくし」「潤いの女道」としたためました。




s-DSCN0186.jpg
手に持っているのは、おじいちゃまの写真。



s-DSCN0187.jpg






書初め初挑戦の従弟、洋介。

s-DSCN0185.jpg
彼らしい素直なイイ言葉です。






そして、おばあちゃまのこの一筆。




他の大人が「習字はちょっと」「何をそんな子供みたいなことを」としり込みする中、

さらっと、ほんとにさらっと書いてくださいました。






s-DSCN0192.jpg






「有難とうの日々」






ふ、深い。。。


ちょっと感動しました。
うそです。むちゃくちゃうるっときました。




最高のお年玉をもらったような気がします。
おばあちゃまには、本当に長生きしてほしいです。

いただいた書は掛け軸にしようと思ってます。



いい正月でした。





4日には、これまた恒例の豊川稲荷でお祓い。

毎年、自分の年始行事としてやって、数年になりますが、
ぐっと身の引き締まる思いです。



とりあえず、新年の行事は滞りなく終了し、
月曜から、日常が始まり。


いつもの外苑の朝。Spoon 近くの熊野神社にも詣で。


休みもいいけど、この仕事な普通な日常が、やっぱりなんだか心地よく。

スタジオ椿のもろもろ、椿会のもろもろこちらも動き出し、
いよいよ、本格的に今年が始動した感じです。








強く緩やかに、しっかりとじっくりとはじめていこうではないですか。



まずは、もう呑みきったの食いきったので。
禁酒とダイエットでーす。
てへー。




大きな清んだ泉となれ、自分!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。